噛み癖に悩まされる日々

ブランはとにかく噛みまくり!
ヨメの腕

この痛々しい画像、ブランをお迎えして間もない頃のヨメの腕です。
ミミズ腫れになったところはまだマシなんですけど、穴があいて流血してしまったところや、引き裂かれてしまったところはかなり痛いです。

とにかく噛むんですよ、この子は。
特に足の甲とか手首とかゴリゴリしてるとこが好みらしく、いつもガブガブ…。
最近は少しは落ち着いてきましたが、歯が生え変わってしばらくするまでは特に酷かったですね~。
ベビーは噛むものだとゆうことは認識してましたけど、とにかく痛すぎです。

他の人のイタチブログを読み漁ったり、いろんなトコで噛み癖の情報を集めつつ、どーしたらこの子の噛み癖を直せるんだろ?と夫婦で悩んだものです。
よくある躾の方法としては、
①噛まれた指をそのまま喉に押し込んで「オエッ」てさせる
②噛まれた瞬間に鼻にデコピンかます
③首の後ろを猫掴みして「コラッ」と叱る
④フェレットのキライな味のスプレーを吹きつける
こんなトコでしょーか。

①は無理ですね。
何しろ噛んでくるのが手首とか足の甲ですから。

②は賛否両論あるみたいで試すのは怖いし、とにかく可愛いブランにそんなこととても出来ません。

③が現実的かな~と思って実行してるんですけど、噛む→猫掴みして「コラッ」→ムキになってもっと噛む→猫掴みして「コラッ」→鼻をフンフン鳴らして更に噛む→猫掴みして「コラッ」→白目をむいて噛みまくる… キリがないんですよね~。

④も試してみたんですが…。
ビターアップルとタイムアウト
最初に試したのは、この手のアイテムでは最もポピュラーなビターアップル
早速 手にタップリと吹きかけてブランの前に差し出しました。
すると…、
最初はクンクンとニオイを嗅ぎはじめ、次にペロペロ、そしてそのまま今まで通りガブガブが始まってしまいました(泣)。

で、ビターアップルよりも更に強烈に苦いと言われるタイムアウトにトライすることにしました。
結果はビターアップルと全く同じ…。
コイツの苦味って実は大したことないのかな?と思って自分で舐めてみるとトンデモナク苦い!
しかもこのタイムアウト、持続力もなかなかのもので、手を石鹸で洗った後に舐めても苦い。
風呂に入った翌日に舐めても、まだ苦い。
こんなものがブランの口の周りに付着してしまったかと思うと、非常にかわいそうなことしてしまったな~と、チョット反省しました(といってもお構いなしに噛んできたのはあの子なんですけど)。

そんなワケで、デロンギ家では躾は諦めて、時の流れに身を任せることにしました(笑)。
まー噛まれても死ぬわけじゃないし、健康に育ってくれたらそれでイイかな~と。

フェレット・ランキング

2007年07月22日 | フェレ・ランク| フェレ日記いたちアイテム

▼トラックバック▼(http://boyaki.derongi.com/mt/mt-tb.cgi/1091)